なる楽生活

なるべく楽に、なるべく楽しく。日々の暮らしで思うことや、読書の記録など。

プチトマトの炊き込みご飯と塩トマト 夏野菜の下ごしらえと常備菜(3)

父の趣味菜園で収穫された夏野菜がどっさり届いた。どの野菜もぴかぴかでおいしそうだ。これは工夫しておいしく食べたいなと思い、簡単な調理をしたのでその記録、トマト編(1)。

 

f:id:yukiyama91:20200807213927j:image

お隣さんからもいただいたらしい

 

プチトマト、ベーコン、玉ねぎの炊き込みご飯を作ってみた。母が「トマトは炊き込みご飯にしてみてね」とメモを入れてくれたので、素直に従う。レシピは適当。

 

米2合を研いで普通の水加減にする。そこから水を50~60ml捨てて、半分に切ったプチトマト15個分を入れる。薄切りにしたベーコンと、みじん切りにした玉ねぎを入れ、茅乃舎の野菜だしの袋を破って入れ、炊飯器の「炊き込み」モードで炊飯する。

 

f:id:yukiyama91:20200807215107j:image

ついバター多めにしてしまう

 

できたら塩、バターで味を調えて完成。バターのいい匂いが食欲を刺激する。おいしそう… 茶碗によそって胡椒を挽いていただく。残りは冷凍。

洋風の味付けなので、水は少なめでご飯がパラパラのほうがおいしいと思う。和風の炊き込みご飯の時は米ともち米を2:1の割合で混ぜて、おこわみたいにするのが気に入っているが、今回のトマトの炊き込みご飯はパラっとさせて良かった。

 

f:id:yukiyama91:20200808091211j:image

ちょっと青くさい普通のトマトふたつ

 

最後に、これまた雑誌「クロワッサン」で見た「塩トマト」を仕込む。

トマト2個を1cm角に切り、塩と砂糖で味付けして、保存容器に入れて冷蔵庫で1日寝かす。レシピではトマト3個に塩小さじ2、砂糖小さじ1だったので、なんとなくそんな分量にする。

 

f:id:yukiyama91:20200807215149j:image

WECKしよう

 

これを冷たい麺類にのせたり、豆腐にのせたり、焼いたりゆでたりしたお肉にかけて食べようと楽しみにしている。これも使い勝手が良さそうで、美味しかったらトマトが安い時にまた作りたいなと思う。

 

夏野菜の下ごしらえと常備菜作りで、満ち足りた気分になった朝だった。

 

yukiyama91.hatenadiary.jp