なる楽生活

なるべく楽に、なるべく楽しく。日々の暮らしで思うことや、読書の記録など。

2021年第12週 ふりかえり

3/22(月)~3/28(日)の支出

・食費 10,496円

・日用品 393円

・レジャー・学習 2,000円

・交際費(プレゼント) 3,988円

◆合計 16,877円

 

 夫との関係でもやもやした時期があったので、この本を読んでみた。

 

都内ではあっという間に桜が満開になり、娘と二人で池上本門寺にお花見に出かけた。 

 

娘の通う保育園では3月末でご退職される保育士さんが2名。0歳児からお世話になっている保育士さんなので、娘がお別れのお手紙を書きたいと言い、一生懸命書いていた。

 

あかちゃんぐみの

ころから ありがとう

だいすき♡

またあいたいよ。

(娘の名前)より

 

わたしのことを思い出せるように、お写真貼りたいなーと娘に言われ、歩き始めの頃、3歳くらい、直近の写真の3枚を切り抜いてカードに貼った。

 

0~2歳児クラスまでは連絡帳があったのだが、「園より」という欄に細かく娘の様子を書いてくれたり、わたしが書いた「家庭より」の欄を読んだ感想を書いてくれたり、日頃から濃やかな愛情をもって子どもたちと接してくれた保育士さんだった。保育のプロとしてアドバイスもしてくださり、基本ワンオペなわたしが孤独や困難を感じずにいられたのは、この保育士さんをはじめとするすべての職員のおかげで… と、なぜか保育園全体への感謝になってしまったが、とにかくお世話になった保育士さんのご退職はさびしい。

来年の3月には、娘が保育園を卒園するので、感謝があふれておいおい泣いてしまうんじゃないかと今から心配が尽きない。

 

f:id:yukiyama91:20210330161206j:image

あっという間に葉っぱが出てきた

 

さて、ふりかえり記事に毎度書いているアニメ「進撃の巨人」ファイナルシーズンだが、内容はさておき、次回は今年の冬に放送されるという理解でよろしいだろうか? 違っていたらコメント欄で教えてね! 先週は兵長があんなことになり衝撃を受けたが、今回はそれを上回る衝撃。この続きが見られるのが数か月先? 冬って。今やっと春になったというのに、冬って。せめて初冬であることを祈る。「2021年冬 NHKで放送予定」の文字を一時停止してじーっと見つめてしまった。まさに「何が起きたかわからない」状態。心底驚くと、母国語であっても、文字が意味するところを理解するまでに時間がかかるということを知る。

 

今回はマーレの戦士たち(ジーク除く。つらい過去を持っていたとしても、わたしにとってジークはまだ変態サイコパスという位置づけだ)が良かった。ピークちゃんの「わたしは一緒に戦ってきた仲間を信じてる」が、マーレの戦士たち(ジーク除く)の絆を象徴していた。描かれていないつらいこともあったのだろう。そして、戦いを離れたところでほっとするひと時もあったのだろう、と想像した。

 

床をぶち抜いてガリアードさん登場、そして飛行船から見下ろすライナー。次回はマーレの戦士が終結、総力戦かな? まだ早い?

このアニメは誰に共感するかで180度見え方が変わってしまう。今はマーレの戦士(ジーク除く)を応援しているので、人が変わってしまったエレンに一矢報いてほしいと思う。難しいと思うけど、何とかしてエレンの「安楽死計画」とかいうのをやめさせてほしい。

だいたい、エレンの言う「安楽死計画」で本当に人類が平和への道を歩み始めるのか? 一回立ち止まって考えてほしい。その計画は、民族紛争なんかで、一方が消滅すれば平和になりますって思うのと同じじゃないだろうか。そんな単純で暴力的なやり方で平和は訪れないでしょ…

 

イェレナも布教活動に成功したと思って泣いてる場合じゃないんだ。アルミンは絶対「そのような尊いお考えが…」なんて思ってない。うそ泣きに違いない。ジャンとコニーのあの顔は「うわこいつも洗脳されちまうのかよ」という表情なのか、「うわこいつまたゲスいこと考えてやがる」という表情なのか。二人はアルミンと長い付き合いだからわかってるよね。

 

それから、兵長はどうなった? 兵長はけた違いに強いとはいえ、ただの人間だから心配だ。娘が「お馬は大丈夫だったから、兵長も大丈夫じゃない?」と言う。果たしてお馬が大丈夫だったのかは確信が持てないが、兵長も今年の冬までなんとかがんばってね…

 

来月「進撃の巨人」の原作が完結すると聞き、先に原作を全部読んじゃおうかなと思う今日この頃だ。義妹はコミックス最終巻の発売日も教えてくれて、「わたしは買います!」と高らかに宣言していた。わたしはどうしよう。絵がちょっと独特で、皮膚がないヒトみたいな超大型巨人が苦手なのだが、このお話の本質はそこではないのだし、名作だからじっくり読みたいし、と悶々としている。

 

↓先週のふりかえり