なる楽生活

なるべく楽に、なるべく楽しく。日々の暮らしで思うことや、読書の記録など。

2021年第13週 ふりかえり

3/29(月)~4/4(日)の支出

・食費 9,946円

・日用品 657円

・娘の服 2,288円

・交際費 8,500円

◆合計 21,391円

 

 先週は娘の被布セットを譲る際にセンチメンタルになったり、

 

義妹からムレスナティー鬼滅の刃のファンブックが送られてきて嬉しかった。 

 

f:id:yukiyama91:20210407202018j:image

今年の桜も見納め

 

一週間をワンオペで乗り切り、達成感と疲労感の残る週末。

缶チューハイを買って、公園に向かった。アルコール分6%の軽いお酒を飲みながら娘と遊ぶ。砂場でレストランごっこ、たんぽぽの綿毛を飛ばし、コンクリート遊具に登っては滑りを繰り返しているうちに、いつになく楽しくなってきた。真っ昼間、というか、朝から野外でお酒を飲んで気分が良くなってきて、娘と同じようなテンションで2時間ほど遊んで帰宅した。楽しかったねえ、と言い合い、次もまたお酒飲みながら遊ぼうかなと思った。

 

お酒を飲みながら娘と遊ぶことを思いついたのは、先日3歳くらいの男の子の父親とその友人が金麦を飲みながら遊んでいるのを見たからだ。赤い顔で笑いながら遊ぶ彼らはとても楽しそうだった。子どもの遊びに付き合う、というのではなく、一緒に遊んでいるという感じが好ましかった。

 

ちょっと疲れたなって思いながらも公園に出たい日はお酒の力を借りてもいいかも、と思った。わたしが体質的にお酒を飲めるほうで良かった。

 

土曜日の朝は録画した「ソロ活女子のススメ」を娘と一緒に見た。女性が一人で興味のあることをしてみたよ、というドラマだった。

リムジンの運転手さんを見て、娘が「見て! ヨシくん(「きのう何食べた?」の登場人物)じゃない? ヨシくんのお仕事は運転手さんだったんだねえ」と言っていた。

 

ヨシくんと聞いて久しぶりに「きのう何食べた?」を見たくなってしまった。あのドラマはずっと西島秀俊さんと内野聖陽さんを見ていられるというだけでもかなり価値のあるドラマだ。そして、料理したくなるというか、家族で囲む食卓を大切にしようと思わせてくれるドラマなので繰り返し見てしまう。漫画も好きなのだけど、ドラマにはドラマの良さがあるのだった。