なる楽生活

なるべく楽に、なるべく楽しく。日々の暮らしで思うことや、読書の記録など。

2021年第16週 ふりかえり さよなら、おばあちゃん

4/19(月)~25(日)の支出

・食費 9,035円

・日用品 2,772円

・交際費 50,000円

◆合計 61,807円

 

f:id:yukiyama91:20210429072744j:image

 

100歳の祖母が他界した。

父から「ばあちゃんが危篤状態になった」と連絡を受けた2時間ほど後に、息を引き取ったと告げられた。医師が言うには、心臓が寿命を迎えたということで、苦しまずに亡くなったと聞いてほっとした。

わたしは祖父母にとっての初孫で、それはそれは可愛がられて育ったと思っている。同居していた母親は大変だったと思うが、幼少期に自覚できるほど、祖父母や両親からたっぷりと愛情を受けたことは、大人になってからの自己肯定力の土台になったと思う。

そんな中、祖母は実に濃やかな愛情を注いでくれた。

 

幼稚園年長の頃、園の近くのどぶ川で遊ぶことになった。わたしは気持ち悪くて絶対に入りたくないと大騒ぎし、結局幼稚園教諭に引きずりこまれるようにして川に入れられて吐き、祖母に迎えに来てもらった。そんな時、体も声も大きなえみこせんせいに、小さな祖母が「子どもが嫌がることを無理やりさせるなら、もうこの子を幼稚園に行かせない」と言ってくれたことは忘れられない。

 

小学生になっても予防接種が怖くて学校に行きたくなかったわたしに、おやつに大学芋を作って待ってるから、頑張っていってこい、と言って背中を押してくれた。そして予防接種を受けて帰ると、熱々の甘い大学芋を作って「がんばったなあ」と笑って待っていてくれた。自分が予防接種を受けるときも、娘を予防接種に連れていくときも、必ず思い出す。

 

今とは比較にならないほど積雪の多い冬、遊びに行けなくてつまらないだろうからと、本屋で雑誌や漫画を買ってきてくれた。そんな祖母に工作狂のわたしは「付録が付いているのが良かったのに」と心無い言葉をかけて、「ばば、わからないもの」と悲しげな顔にさせてしまった。これは祖母に対してしたことで、ずっと後悔している。

 

大学進学を機に実家から離れたわたしは、祖母に月1回ほどのペースで手紙を送っていた。内容はさほどなく、大学にはいろんな人がいます、とか、職場にものすごく感じの悪い人がいて憂鬱です、とか、もうすぐ帰るので元気にしていてください、とか。その手紙すべてを祖母は保管していてくれたと聞いた。棺桶に入れてあげるね、と母が言うのでお願いした。

 

愛されて育った人は強い、とかつての上司に言われた。

外で色々なことがあっても、わたしを愛する人がいる、安心できる場所がある、と信じられることはわたしの財産だ。

おばあちゃん、可愛がってくれてありがとう。

おばあちゃんのように家族を愛して生きていくよ。

 

↓ 先週のふりかえり

驚きのあまりムレスナさんが憑依 「鬼殺隊見聞録・弐」 感想

義妹がムレスナティーと送ってくれた「鬼殺隊見聞録・弐」を読んだ。

 

 

表紙のみんながニコニコでかわいい。だってまだ15歳くらいなんだもんね。

鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録 2 (ジャンプコミックス)(ジャンプコミックス)

 

娘に見つかると「読んでー!」と言われて音読させられる羽目になるので、朝5時前に起きてムレスナティーを飲みながら静かに読んだ。

 

愈史郎が珠代さんに「来世で夫婦になってください」と言ったら、珠代さんは静かに頷いたというエピソードが素敵だった。良かったね、愈史郎。今すぐどうにかしたいというのではなく、珠代さんが好きだからこそ、自分の気持ちを抑えて来世を願うってなかなかできることではない。愈史郎、いい。

 

「柱相関言行録」で、柱たちがお互いをどう思っているか、というので笑った。

 

実弥と伊黒は仲良しなんだー。禰豆子ボックスに実弥が血をだらだら垂らしておびき出そうとしていた時、気の上から伊黒が「日の当たらないところでやれ」みないな、的確なアドバイスしてたし、うわー、炭治郎、厄介な先輩が二人出てきたねえ、しかも炭治郎だけじゃなく、義勇も敵視してるし、くわばらくわばら… と思っていたのだ。

でも好きな女性のタイプは違うんだね。実弥はどんな子が好きなんだ。蜜璃ちゃんのことを阿保そうだと言うけど、実弥だってそんなに賢そうな見た目ではないよ?(断っておくと実弥は嫌いではない。実弥・玄弥の兄弟愛は、珠代さん・愈史郎の関係と同じくらい好きだ。)

 

岩ー! どうして岩が柱たちの恋愛事情に詳しいのだ。見えなくても他の子がどきどきもじもじしている気配で分かってしまうのか?

岩は年下の子たちの恋愛模様を見ているのが楽しいんだよね。わかる。若いっていいな、かわいいなって思うよね。急に岩に親近感を持ち始めてしまった。

 

岩はさておき、さりげなく現代編(最終話)のキャラクター説明に「義勇の子孫」「実弥の子孫」と書いてあるので刮目。え? 子孫? あの二人、子孫残したの? 子孫って何だっけ? わけわかんなくなってきちゃった。

 

んん~~~、そっかー、鬼殺隊は役目を終えたし、本当ォ~に普通の青年として生きられたんだねェッ! いやいや良かったよ。柱やってた頃、義勇は拙者不幸でござるって顔の置物で、実弥は怒りっぽくて恥ずかしがり屋さんなガキだったでしょ? 最終巻読んで以来、二人には幸せになってほしいって願ってたの。ざるそばとかおばぎとか、好きなだけ食べてね。ンでも、まさか子孫残しちゃったなんてねェッ! ドビィ~ン! と、ムレスナさんが憑依してしまった。

 

玉壺とかいう、わたしにとっては一番気色悪くて一番どうでもいい上弦の鬼に、人間だったころの名前や、鬼になるまでの経緯までも設定されていたことに驚いた。玉壺さえもこのように細かく設定があるのだから、他の主要キャラクターの性格とか生い立ちなども、猗窩座風に言えば至高の域まで練り上げられたものだったのだなあと思う。ストーリーの面白さも漫画の大切な要素だが、人気が出るかどうかはキャラクターがどれだけ愛されるかにかかっている気がする。どのキャラクターも魅力的だから、ここまで幅広い年齢層に支持されて、大人気漫画・アニメになったのだろう。アニメ第二期が今年始まるというし、楽しみだなあ。

2021年第15週 ふりかえり

4/12(月)~18(日)の支出

・食費 18,417円

・衣類 2,860円

◆合計 21,277円(個人的買物を除く)

ヴィタメールでケーキ、茅乃舎で野菜だしを二袋買ったので、いつもより食費がかかった。

 

月曜日は「イチケイのカラス」、火曜日は「大豆田とわ子と三人の元夫」、金曜日は「リコカツ」を見ようと決めた。「リコカツ」の永山瑛太さんが、堅物な自衛隊員役を面白く演じていて、真面目過ぎるがゆえにおかしな人が大好きなので、可笑しくてたくさん笑わせてもらった。

 

シルバニアファミリーハッピーセットを土曜日に買い、おまけのスペシャルDVDももらい、娘がそれを見ている間読書に集中できて良かった。

 

 

週末、夫の実家で、娘の進級祝いをした。チョコレート好きな娘が「絶対これをみんなで分けて食べたい」とごねたので、ヴィタメールでショコラ サンバという表面がテラテラのケーキを買った。文句なく美味しいケーキだった。二種類のムースが混ざり合ってトロトロしている。あっという間に食べてしまった。

 

これはもう一切れ食べてもいいな、と言うわたしに、おふくろちゃんが「あら~、ゆきやまさん若いわァ。わたし、こういうの半分も食べられなくなっちゃったわ。でもそのうちゆきやまさんも食べられなくなるのよねェ」と予言をした。

えェ~、そうなんですか、じゃあ食べられるうちに食べておこうっと!

 

f:id:yukiyama91:20210419134709j:image

ショコラ サンバ 直置き

 

4月から保育園年長になった娘だが、特に変化はない。他の子の保護者からは、年少さんのお世話をしたがり、おむつまで替えているらしい、なんて話を聞いたが、娘はきっとマイペースに過ごしているのだろう。わたしと同じで、小さい子を見て「かわいいねー」と思うものの、積極的に関わろうとはしないタイプ。いわゆる「子ども好き」ではないと見える。年上の子にかわいがられたいとか、年上の子の真似をしてお姉さんに近づきたい、というような気持ちが強い子のようだ。

 

さて、進級祝いのケーキを買った百貨店で、ついでにPOLAのB.A.シリーズの化粧水と乳液を購入。2品で44,000円。高い! しかしもう本気でスキンケアしたほうが良い年齢だと自覚しているので、清水の舞台から飛び降りた。サンプルを使ったら、化粧水だけでもしっとり、まさに吸い付くような肌になったので、信じて使い続けてみよう。「絶対にきれいになる」と念じながら使おう。ブルーライトもカットできるという日焼け止めも気になるが、とりあえずそれは今使っているものがなくなったときに考えよう。メイクにはあまり興味がないが、基礎化粧品だけは力を入れても良いと思っている。

きれいな人(黒木華さん、松たか子さん、北川景子さんたち)をドラマで拝見し、できる範囲で努力して、少しでもきれいにしておこうという気持ちが湧いてきた。このチャンスを逃さず、化粧品売り場に出向いた自分を讃えたい。

 

先週、ため息が出る出来事があった。

知人からグループLINEがあり、緊急性が低いにも関わらず全員に即返信を求める内容だった。それを見てわたしのテンションは底辺まで落ち、ただただこの人面倒くさいとしか思えなかった。急を要さないLINEの返信くらい、好きなタイミングでさせておくれよ…。仕事とか、家事とか、家族との時間とか、優先させたいことは他にたくさんあるのに、そこにぐいぐい割り込んでくる神経、というか、無神経さ。そんなに親しくもない相手に、そこまでダイレクトに何かを要求できるのってある意味すごいが、自分はそういうことはしたくない。

 

この後、ドラマ「リコカツ」を見て思ったのだが、紘一さんも咲さんも、相手の一挙手一投足に真摯に向き合いすぎておかしなことになっているので、対人関係で違和感を感じた時にはサラッと流したほうが波風立たなくていいのかもしれない。家族や親しい友人とはもちろん別の付き合い方があるが、そう親しくない相手の、変だなと思うところはいちいち疲れさせられないように、かわし方を覚えたほうが楽なんだろうなと思う。

 

↓先週のふりかえり

 

シルバニアファミリー ハッピーセット

娘がカレンダーに書き込んで楽しみにしていたシルバニアファミリーハッピーセット

4月17(土)・18(日)はおもちゃに加えてスペシャルDVDも貰えるというので、土曜日に買いに行った。

 

今回のハッピーセット おもちゃ紹介 | ファミリー | McDonald's Japan

 

娘がもらったおもちゃはピクニックワゴンのスタンプ。

タイヤや窓のシールが別で付いているので、自分で貼り付ける。

ワゴンを走らせるとスタンプが回ってお花の模様がライン状に押されるというものだった。

 

f:id:yukiyama91:20210417175616j:image

押したスタンプとワゴン

 

おまけのDVDの内容は

・新商品「おしゃれにスタイリング! ビューティヘアサロン」の紹介

シルバニアファミリーミニストーリーピオニー

・着ぐるみのうさぎやリスのクイズやダンス指導

で、1時間ほどだった。

 

新商品(ポニーのたてがみがものすごく長くて、三つ編みなどのヘアアレンジができる。Youtubeでリカちゃんのヘアアレンジ動画にハマっている娘にはたまらないであろう商品)の紹介を最初に持ってきていたので、なるほど、コレは確かにエポック社にとってもスペシャルな企画だなと感心した。

 

新商品が欲しくなった子も大勢いるだろうが、続いて収録されているシルバニアファミリーミニストーリーピオニーを見れば、そのことは忘れられる。ミニストーリーはYoutubeですでに見たことがある動画だったが、娘は好きな動画であれば何度でも繰り返し見るので、ナゲットとポテトをつまみながら静かに眺めていた。

 

その間、わたしも集中して本を読めたので、ハッピーセットのおかげで親子それぞれ良い時間を過ごした。マクドナルドに感謝。ハッピーセットの良いところは、こうやって子どもが遊んでいる間に親がのんびりできるところだと思う。

 

サービス対象店舗でシルバニア商品を2,000円以上購入し、スペシャルDVDに付いているシルバニアチケットを渡すと、ドレスを着たショコラウサギの赤ちゃんがもらえるキャンペーンも実施中ということだった。

 

娘はポニーが欲しいと言い出すかと思いきや、ヘアアレンジのできるリカちゃんが欲しいと言い出し、なんでもない日におもちゃは買わないよと説得中。

「たみこの海パック ふりかけワークショップ」オンラインイベント

先日、ご縁があって「ふりかけワークショップ」というオンラインイベントに家族で参加した。

 

南三陸町で「たみこの海パック」という、海産物の販売を手掛けている阿部 民子さんが講師となって、まずは紙芝居を用いて南三陸町のこと、東日本大震災のこと、漁業のこと、海藻のことをお話ししてくださった。

 

2011年に巨大地震が起きた時のこと、その後の南三陸町の街や海の様子、民子さんの葛藤(もう海は怖いという気持ちと、自分に何かできることはないかという気持ち)、海パックを仕事として立ち上げるまでのこと、そして南三陸の海で育つ海藻のこと。

 

あの震災当時、わたしは東京にいて大きな揺れに驚いたし、交通機関はストップして帰宅できなくてホテルに泊まったし、実家の両親のことも心配だったけど、今となっては「いや~、あの時はびっくりしたよね」と軽く話せてしまうのは、肉親や友人知人に亡くなった人が一人もいないからだろう。

 

民子さんはきっと、今でもお辛い気持ちを抱えてらっしゃると思うし、地震津波(海)に対する恐怖心もお持ちのことだろう。

それでも、一生懸命お話してくださる姿に、真の意味での復興とは何だろう、一度ついた傷が癒えることはあるのだろうか、と考えると同時に、いまの暮らしがいつまでも続きますように、と祈るような気持ちになった。

 

ガラッとトーンを変えて始められた海藻の話には、いつまでもしんみりした気持ちではいられない、という民子さんの決意のようなものを感じた。参加者には子どもたちも多かったので、

「生のわかめって何色か知ってる?」

「わかめはどこに生えているのかな?」

などの問いかけに、「くろー!」「ちゃいろー!」「うみー!」「いわー!」と声が上がる。一転して楽しい雰囲気になった。

 

民子さんが送ってくださったふりかけの材料には、わかめ、香りおきあみ、ふのり、めかぶ、とろろ昆布、白ごま、特製タレ(醤油、みりん、砂糖、酢など。お子さんが多い時には酢を控えめにして食べやすくしています、とおっしゃっていた。すごい心遣いだ)が入っていた。

 

まずは生わかめの茎を取る。茎の横を少し裂いて、指で挟んで茎を引っ張ると固い茎と柔らかい葉に分かれる。これらを細かく刻み、その他の材料と混ぜてふりかけを作る。茎わかめは炒めても美味しいですよとおっしゃっていたが、我が家は全部刻んでふりかけに入れた。

そのふりかけをジップ袋に入れ、娘が「ふりかけ」と書いたラベルを貼る。

 

f:id:yukiyama91:20210417163217j:image

出来上がったふりかけ

 

ちょうどお昼どきにふりかけの試食タイムが設けられていた。参加者全員でふりかけご飯を食べる。炊き立てのご飯を、海藻いっぱいのふりかけでいただく。画面越しに「美味しい」の声がわいわいと聞こえてくる。娘も「うん、美味しい」と言いながらたくさん食べていた。

このふりかけの賞味期限は2週間ほどだが、あっという間に食べてしまいそうだ。

 

正直なところ、イベント当日までは「ふーん、ふりかけワークショップって言っても、材料混ぜるだけでしょ?」と軽んじていたのだが、イベント終了後は満足感でいっぱいだった。

 

いつか三陸を訪ねてみたいなあ。

三陸といえば、ドラマ「あまちゃん」が思い出されるので(きちんと見ていないので、じぇじぇじぇくらいしか知らない)、三陸鉄道リアス線に乗ってみたい。きっと牡蠣も美味しいに違いないので、牡蠣と白ワインもいただこうと心に決めている。

 

↓民子さんによる「たみこの海パック」

 

 

2021年第14週 ふりかえり

4/5(月)~4/11(日)の支出

・食費 14,960円

・日用品 5,000円

◆合計 19,960円

 

ドラマ「イチケイのカラス」が良かった。


みちおも好きだし、坂間さんも駒沢さんも井出さんも、みんな好きだ。今週は走る井出さんが面白かったな。

 

週末、娘が「〇〇ちゃんと●●ちゃんと公園で3時に遊ぼうって約束したんだ!」と言うので、ホンマかいなと思いながら公園に出かける。すると、〇〇ちゃんと●●ちゃんがやってきた。母親同士、「本当に約束してたんですね!」と驚きを共有した。もう、友達と約束して遊んだりできるんだね。

 

〇〇ちゃんと●●ちゃんには上にきょうだいがいるので、ふたりの保護者から学童の申し込みや、1年生の学校生活のことなども教えてもらった。来年度からまた生活リズムが変わるのか… 色々工夫しないといけないな。楽しみもあるけど、少し面倒くさい。

 

娘の通う英語教室では、新しいメンバーで新学期を迎えた。教材も変わり、パラパラ眺めながら名前をつけた。娘は歌もダンスも劇も好きなので、DVDやCDも飽きずに繰り返し見聞きして、歌ったりセリフを真似しているので覚えが速い。ただ、文字ではなく音で覚えているので、聞こえたままを言っているだけで、意味はわかっていないのだろうなと感じる時もある。

 

毎日続けている英語教室の宿題とオンライン英会話でだいぶ英語には慣れてきたようだ。

Too longとかToo hotのように“too”を多用する講師が多いからか、講師の従兄弟の数を聞いた娘が"33 cousins? That's too lot!"と言っていた。これを聞いた時、すぐには意味がわからなかったが、きっと"a lot"にtooをつけて「多すぎる」と言いたかったのだろうと思った。こういう言葉の使い方を聞くのがすごく面白くて、娘の話す英語を真剣に聞いている。

「親と子どもの感情BOOK」 厄介な感情との付き合い方

最近読んだ本。

 

f:id:yukiyama91:20210402112623p:plain

親と子どもの感情BOOK 感情ときちんと向き合う子どもが育つ

子どもに、「人には喜怒哀楽(感情)がある」と認識させることから始める。自分の感情を認識し、また、他人にも自分と同じように感情があることを理解すること。恐怖・不安・怒りなどの強い感情を抱いたときにはそれを抑え、その上で問題を解決する。このように子どもを導くにはどうしたら良いか、というガイドブックだった。

 

子どもの心が乱れているときに親ができることとして、①なぐさめる ②選択肢を示す ③子ども自身に選択肢を考えさせる ④サポートする と、子どもの発達段階に合わせて親の役割が変化するとあり、最終的に子どもが一人で自分の感情に対処することを目指す。

 

自分の気持ちを静めるための方法を知ることも重要で、人それぞれ、押し寄せる感情を静めたり、気持ちを切り替えるためにしていることがある。深呼吸、体を動かす、入浴、飲食、歌う、話を聞いてもらうとか。いったん感情を静めて、冷静に物事をとらえることの重要性が説かれている。感情と事実(問題)を切り離さないとうまくいかない。

 

感情と事実を切り離す、というのは普段から気を付けていることなので、娘にも「お風呂に入ると気持ちがすっきりするね」と声をかけたり、保育園で嫌なことがあったと言う時には、娘の話を聞いてから、感情を整理して、落ち着くために何をしたいか聞くとか、娘が思いつかなければこちらから提案するとか、してみたい。

 

 

わたしが知りたかったのは、「好き・嫌い」という感情とどう付き合うかだったのだが、それについてはほとんど触れられていない。わたしは喜怒哀楽よりも、好き嫌い(特に「嫌い」)の感情のほうがよりいっそう付き合うのが難しいと感じている。ヒントになることが見つかるかなと期待していたのだが、この本はそういう目的で書かれたものではないようだった。

 

この本を読んでみようと思ったきっかけとなる出来事がある。

 

娘と「プルーンってレーズンなんでしょ?」、「プルーンとレーズンは違うものだよ。プルーンは(西洋)すももだけど、レーズンはぶどう(を乾燥したもの)でしょ」などと話しているところに知人がやってきた。

「違う違う、プルーンはでかいぶどうだよ! (娘)ちゃんママはなんにも知らないんだね! プルーンはぶどうだよ!(大事なことなので二回言います、というやつか?)」と断言。

 

こういう時、わたしは「アハハ! プルーンってぶどうなんだ~。知らなかったなあ。◯◯さんは物知りだね!」と切り返すことができず、往年の田代氏のように「なんだキミは?」と言いたくなる。

 

嫌だな、と感じたポイントはいくつかあって、①親しくもないのに突然親子の会話に割り込む ②事実ではないことを言う ③仮に「プルーンは(西洋)すもも」が間違っていたとしても、それだけで「(娘)ちゃんママは何も知らない」と娘に言う ことなのだが、これって多分、わたしがその知人を嫌いなんだろうな。モヤモヤ。

 

気が晴れないので、夫に「今日◯◯さんがこんなこと言うからモヤモヤしてるんだけど、これってわたしが◯◯さんのこと嫌いなんだよね」と愚痴ると、「『ググれカス』って言ってやればよかったじゃん」と言うので笑ってしまった。そして、笑ったら気が晴れた。

 

感情と付き合うのは難しい。

解決すべき問題があり、それによってある感情が湧く、というのではないケースが多々ある。「感情BOOK」では、「気にしないほうがいいよ」などの、感情から目を背けるような声かけは推奨されていない。むしろ、そういう感情にもしっかり向き合うことが勧められている。

気持ちを落ち着かせるための手段をいくつか持っておくのも当然有効だと思うが、気持ちがダウンしているときに、近くに不満や怒りや悲しみを吐露する相手がいてくれると知っているだけで、だいぶ気が楽になるなと思う。

こうなるともう、感情ではなく人付き合いの話になってしまうか…

 

それにしても「プルーンはでかいぶどうだよ!」って…

中井貴一さんが気の毒になる。