なる楽生活

なるべく楽に、なるべく楽しく。日々の暮らしで思うことや、読書の記録など。

2021年第15週 ふりかえり

4/12(月)~18(日)の支出

・食費 18,417円

・衣類 2,860円

◆合計 21,277円(個人的買物を除く)

ヴィタメールでケーキ、茅乃舎で野菜だしを二袋買ったので、いつもより食費がかかった。

 

月曜日は「イチケイのカラス」、火曜日は「大豆田とわ子と三人の元夫」、金曜日は「リコカツ」を見ようと決めた。「リコカツ」の永山瑛太さんが、堅物な自衛隊員役を面白く演じていて、真面目過ぎるがゆえにおかしな人が大好きなので、可笑しくてたくさん笑わせてもらった。

 

シルバニアファミリーハッピーセットを土曜日に買い、おまけのスペシャルDVDももらい、娘がそれを見ている間読書に集中できて良かった。

 

 

週末、夫の実家で、娘の進級祝いをした。チョコレート好きな娘が「絶対これをみんなで分けて食べたい」とごねたので、ヴィタメールでショコラ サンバという表面がテラテラのケーキを買った。文句なく美味しいケーキだった。二種類のムースが混ざり合ってトロトロしている。あっという間に食べてしまった。

 

これはもう一切れ食べてもいいな、と言うわたしに、おふくろちゃんが「あら~、ゆきやまさん若いわァ。わたし、こういうの半分も食べられなくなっちゃったわ。でもそのうちゆきやまさんも食べられなくなるのよねェ」と予言をした。

えェ~、そうなんですか、じゃあ食べられるうちに食べておこうっと!

 

f:id:yukiyama91:20210419134709j:image

ショコラ サンバ 直置き

 

4月から保育園年長になった娘だが、特に変化はない。他の子の保護者からは、年少さんのお世話をしたがり、おむつまで替えているらしい、なんて話を聞いたが、娘はきっとマイペースに過ごしているのだろう。わたしと同じで、小さい子を見て「かわいいねー」と思うものの、積極的に関わろうとはしないタイプ。いわゆる「子ども好き」ではないと見える。年上の子にかわいがられたいとか、年上の子の真似をしてお姉さんに近づきたい、というような気持ちが強い子のようだ。

 

さて、進級祝いのケーキを買った百貨店で、ついでにPOLAのB.A.シリーズの化粧水と乳液を購入。2品で44,000円。高い! しかしもう本気でスキンケアしたほうが良い年齢だと自覚しているので、清水の舞台から飛び降りた。サンプルを使ったら、化粧水だけでもしっとり、まさに吸い付くような肌になったので、信じて使い続けてみよう。「絶対にきれいになる」と念じながら使おう。ブルーライトもカットできるという日焼け止めも気になるが、とりあえずそれは今使っているものがなくなったときに考えよう。メイクにはあまり興味がないが、基礎化粧品だけは力を入れても良いと思っている。

きれいな人(黒木華さん、松たか子さん、北川景子さんたち)をドラマで拝見し、できる範囲で努力して、少しでもきれいにしておこうという気持ちが湧いてきた。このチャンスを逃さず、化粧品売り場に出向いた自分を讃えたい。

 

先週、ため息が出る出来事があった。

知人からグループLINEがあり、緊急性が低いにも関わらず全員に即返信を求める内容だった。それを見てわたしのテンションは底辺まで落ち、ただただこの人面倒くさいとしか思えなかった。急を要さないLINEの返信くらい、好きなタイミングでさせておくれよ…。仕事とか、家事とか、家族との時間とか、優先させたいことは他にたくさんあるのに、そこにぐいぐい割り込んでくる神経、というか、無神経さ。そんなに親しくもない相手に、そこまでダイレクトに何かを要求できるのってある意味すごいが、自分はそういうことはしたくない。

 

この後、ドラマ「リコカツ」を見て思ったのだが、紘一さんも咲さんも、相手の一挙手一投足に真摯に向き合いすぎておかしなことになっているので、対人関係で違和感を感じた時にはサラッと流したほうが波風立たなくていいのかもしれない。家族や親しい友人とはもちろん別の付き合い方があるが、そう親しくない相手の、変だなと思うところはいちいち疲れさせられないように、かわし方を覚えたほうが楽なんだろうなと思う。

 

↓先週のふりかえり